階段登り継続中


ハイツの3階までの38段の階段、コツコツと登ってはエレベーターで1階に下り、
登ってはエレベーターで下りるということを1日6回繰り返しました。
この運動を続けて、6か月目に突入しました。
階段登りを始めたのは、毎年、どうしても冬場に体重が増えてしまって、
その結果脂肪肝ぎみになって、
肝臓の数値が悪くなってしまっていたので、
それをなんとかしたいと色々考えていたからです。
体重増加防止には、
歩行が一番効果的だということは、
経験上わかっていました。
しかし、ここは東北、冬には、雪が降ります。
実は、雪が積もっている条件下では、
歩行を遠慮したい事情があるのです。
それというのも、私は、8年前に脳卒中になって以来、
左半身が麻痺してしまいましたので、
悪条件の道を歩くにはかなり困難な所があるからなのです。
つまり、転倒の危険が増すであろう雪道を歩くのは
できるだけ避けたいという事情があります。
そうなると、冬の期間の体重増加防止対策として、
他の手段を考える必要がでてきます。
そこで考えたのが、階段登りだったのです。
最初は階段登りの効果が未知数だったので、
1日に1回から始めました。
また、下りは、健足の膝に多大な負担がかかるので、
膝を傷めないようにするためにも、
エレベーターを使いました。
つまり、1階から3階まで階段を登り、
3階から1階までエレベーターで下りてくる
ことにしたのです。
1日1回の、階段登りを、1か月間毎日続けました。
そして1か月後、朝1回、夕1回の計2回に増やしました。
それも、1か月間毎日続けました。
その後、朝2回に変更し、1か月間毎日続けた後、
朝3回に増やして、それも又1か月間毎日続けました。
そしてその後、朝3回、夕3回の計6回を毎日続けて、
今に至っています。
階段登りを初めてから1年近く、
1日6回にしてからも半年以上、
毎日継続できていることになります。
今考えると、これだけ長く継続できているのは、
非常に軽い負荷から始めて、
それを習慣化するまで続けた後、
ほんの少しだけ負荷を増やして、
また習慣化するまで続ける
ということを繰り返したのが
良かったのだと思います。




Copyright © 2016 コウタのリハビリ日記 All Rights Reserved.