階段登りのコツ


片麻痺の人の場合、階段の登り方は決まっています。
つまり、健足の方で階段の1段目に踏み出し、
その後患足の方を持ち上げる
ということを繰り返します。
何故健足の方で踏み出すのかというと、
推測するに、動かない患足の方で
階段の1段目まで踏み出して
持ち上げることに無理があることと、
患足を軸にして健足を持ち上げる時に、
患足に大きな負荷がかかるので、
その負荷に耐えられるだけの筋力が
ついていない場合が多いからだと思います。
健足を軸にして患足を持ち上げる場合、
患足の麻痺の状態によって、持ち上げ易さが大きく変わってきます。
例えば、患足の膝を自分の意思で動かす(曲げる)ことができる程度に軽い麻痺の場合には、
膝をコンパクトにたたんで持ち上げることができるので、
比較的楽に患足を持ち上げることができます。
一方、患足の膝を自分の意思で動かすことができないくらい重い麻痺の場合には、
そういうわけにはいきません。
何故なら、膝を曲げることができないので、
患足全体を持ち上げる必要があり、
軸となる健足に大きな負担がかかってしまうからです。
軸足への大きな負荷は、軸足の安定感に影響してきます。
これはあくまで推測ですが、
その微妙な不安定感を、無意識が検知してしまうと思うのです。
そうなると、階段を登ることに対して、無意識に恐怖を感じてしまいます。
無意識に恐怖を感じていると、階段に一歩踏み出すハードルが上がるため、
結果として階段を登ることができなくなってしまいます。




Copyright © 2016 コウタのリハビリ日記 All Rights Reserved.