理想的な階段の登り方


コツコツと階段登りをしながら、
片麻痺の方にとって理想的な
階段の登り方について考えてみました。
理想的な階段の登り方を考える場合、
階段を登る行為を
細かく分解して考えると
解かりやすくなります。
つまり、どちらかの足で階段の1段目に踏み出し、
1段目まで上げたら、
そこで踏ん張って
もう一方の足を上げる。
基本的に、これの繰り返しになります。
片麻痺の方の場合、
健足で踏み出すか、
患足で踏み出すのか
大きなポイントになりますが、
これは絶対的に、健足で踏み出すのが
原則になります。
何故なら、動きが悪い患足で踏み出した場合、
1段目の上まで持ち上げるのが
難しい場合が多いことと、
たとえ持ち上げることが
できたとしても、
そこで踏ん張って、
もう片方の足を持ち上げる
必要があるため、
患足には踏ん張り切るだけの
筋力が不足している
可能性が大きいからです。
つまり、健足で踏み出し、
1段上げ切ったところで踏ん張って、
患足を引き上げることになるのですが、
ここで、片麻痺を経験した方しか気づき得ない
問題がいくつか存在するのです。
一つは、患足をどこまで引き上げたのか、
その正確な位置を、把握できないという問題があります。
つまり、患足をどこまで引き上げたのか、
自分で判らないのです。
そうなるとどういうことになるかと言うと、
患足の位置を目で確認しないと、
不安になります。
これが、片麻痺の方が階段を登る時に
ハードルを高くしている
原因の一つになっています。
健足で踏み出す段階では、
患足が軸足になります。
そして、健足で踏ん張って、
患足を引き上げる段階では、
健足が軸足になります。
いずれの場合も、軸足の安定度が
大きなポイントになります。
何故なら、軸足の安定度が不足していると、
潜在意識が危険を察知してしまい、
階段を登ることに対して
潜在意識が抵抗してしまうからです。




Copyright © 2016 コウタのリハビリ日記 All Rights Reserved.